XM MT4 パソコン版おすすめの設定方法。MT4を自分好みに使いやすくする設定方法

MT4(MetaTrader4)は、パソコンにインストール後すぐに利用可能ですが、画面を自分好みに設定することで更にMT4を使いやすくすることができます。

MT4を便利に使いこなすためのおすすめの設定方法をご紹介します。設定項目は、全部で6個のみです。

設定1.MT4チャートの整理

デフォルトで表示されているチャートを全部消す

MT4をインストールしログインすると、デフォルトでチャートが表示されています。

取引したい通貨ペアチャートが表示されていれば、そのままデフォルトのチャートを使ってもOKですが、分かりやすくする為に×印をクリックして全部チャートを消去します。

取引したい通貨ペアチャートを新規追加する

全部チャートが消し終わりまっさらな状態で、MT4画面の左上の「+アイコン」をクリックし、お好みの通貨ペアを選んでチャートを表示します。

一つだけではなく、希望の通貨ペアチャートを複数表示していきます。

MT4新規チャート追加

もし、希望の通貨ペアが表示されていない際は、MT4画面左上の「気配値表示」上で右クリック → 「すべて表示」をクリックすることで表示されるようになります。

新規追加したチャートを整列させる

複数のチャートを追加表示させていくと、チャート同士が重なり合い見づらいので、ツールバーにある「ウインドウ整列アイコン」をクリックします。

チャート整列

多くのチャートを表示すると、1つあたりのチャートの幅が狭く表示され見辛くなってしまいます。

もちろんパソコンのディスプレイが大きい場合は、多くのチャートを同時に表示しても問題ないですが、一般的には最大4画面が推奨されます。

MT4チャート表示画面

あまり使わない通貨ペアのチャートは、チャート画面右上の「-」(最小化)をクリック → 再度整列アイコンをクリックして、4つのチャートに絞ります。

MT4チャート最小化

以上の操作でチャートが4画面表示に綺麗に整列されます。

最小化したチャートは削除したわけではないので、チャート枠の左下に格納されています。格納されたチャートを表示したい際は、「□アイコン」をクリックすると表示されます。

MT4チャート画面

設定2.MT4チャートの表示方法をローソク足にする

MT4のチャートは、3種類の表示に変更できます。ご希望の表示方法で選べますが、一般的にはローソク足で表示します。

適用させたいチャートを選択した状態で、MT4のメニューにある「ローソク足」アイコンをクリックします。

MT4ローソク足

ローソク足が適用されたチャートが表示されます。

チャート

設定3.チャートのプロパティ設定

更にチャートを見やすくさせる為に、プロパティ設定から「チャートの右側移動」と「チャートの自動スクロール」にチェックを入れます。

プロパティ画面は、チャート上で右クリック → プロパティをクリックで表示されます。

チャートのプロパティ設定

以上の設定でローソク足が右側に移動され左側に余白ができます。また、時間が経つにつれ自動的にチャートがスクロールします。

チャート画面

設定4.チャートの時間足変更

チャートの時間足とは、1本のグラフをどのくらいの時間で表示させるかを示したものです。

スイングトレードなど数日で売買を繰り返す取引をする場合は、4時間足や日足でチャートを表示した方が使いやすいですし、デイトレードなど1日で売買を完結する取引スタイルの場合は、15分足や1時間足が使いやすいです。

MT4画面上のツールバーに表示されている「M1~MN」をクリックしていくことで希望の時間足でチャート表示が可能です。

MT4時間足

時間足の用語
  • M1… 1分足

  • M5… 5分足

  • M15… 15分足

  • M30… 30分足

  • H1… 1時間足

  • H4… 4時間足

  • D1… 日足

  • W1… 週足

  • MN… 月足

設定5.MT4にインディケータ(インジケーター)を適用させる

インディケータ(Indicator)とは、チャートを分析に売買に役立てる指標です。インディケータをチャートに表示することにより、売買の判断がしやすくなります。

もちろん、絶対にインディケータを適用しなければならないということはないので、チャートに何も表示しないまま取引しても問題ありません。

MT4インジケーター表示例

インディケータのエンベロープを表示した例

インディケータをMT4チャートに適用させる方法

一般的なインディケータは、最初から標準で備わっています。

MT4左枠の「ナビゲーター」からご希望のインディケータをチャートにドラッグ&ドロップするだけで適用されます。

MT4インディケータ適用画面

基本的なインジケーターの種類

  • 移動平均線(Moving Average)

  • ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

  • エンベロープ(Envelope)

  • MACD(マックディー)

  • RSI(アールエスアイ)

主に上記のインジケーターがFXトレーダーに利用されています。各インジケーターを活用した売買方法は、下記の参考記事から閲覧できます。

参考記事 FX取引のやり方

設定6.設定を他のチャートにもコピーする

設定1~設定5まで一つのチャートへ適用し、他のチャートにも同じように設定するのは大変ですが、チャート設定を保存し他のチャートへ1クリックでコピーすることが可能です。

チャートコピー

チャート設定のコピー方法

コピー元となるチャート上で右クリック→「定型チャート」→「定型として保存」をクリックし、分かりやすい名前に変更して保存します。

MT4定型チャート

その後、コピー先となるチャート上で右クリック→「定型チャート」→「先程保存したファイル名」をクリックでコピー完了です。

MT4定型チャート

おすすめ設定完了後のチャート表示例

設定1~設定6までのおすすめ設定を完了すると、下記のようなチャート表示になります。

MT4チャート設定

その他、お好みでチャートの配色を変更することや表示するインディケータを増やすことも可能です。