XM FX MT4の使い方まとめ

MT4とは

MT4は、MetaTrader4(メタトレーダー4)の略称で、誰でも無料で使える高機能取引ソフトウェアです。標準で自動売買やオリジナルインジケータ(カスタムインジケーター)にも対応しており、お好みの指標をチャートに表示することができます。

日本では馴染みのない取引ソフトですが、世界ではシェアNo1となっており海外のFX業者のほぼ全てがMT4を採用しています。

現在は、MT5(MetaTrader5)というMT4の次世代版も利用可能ですが、MT5はカスタムインジケーターの種類がまだ少ない等の理由により、MT4が多く使われている傾向があります。

MT4やMT5は、パソコン用のソフトだけではなくスマートフォンやタブレット端末でも無料で利用することができます。AppStoreやGooglePlayからMT4アプリをインストール可能です。

MT4を利用するには?

MT4(MetaTrader4)を利用するには、MT4アプリをパソコンやスマートフォンにインストール必要があります。

各端末へのインストールも簡単で、スマートフォンやiPad等のタブレット端末であれば、AppStoreやGooglePlayからMT4を検索しインストールボタンをタッチするだけです。

パソコンであればFX業者が提供する専用のMT4を入手した方が簡単です。FX業者のホームページからMT4をダウンロードするリンクを見つけることができます。海外FX業者の「XM(XMTrading)」であれば、XM公式サイトの取引プラットフォームリンクからダウンロードできます。

MT4インストールにかかる所要時間は、スマートフォンやタブレット端末であれば1分、パソコンであれば3分程でインストール完了で簡単です。

MT4画面の見方

MT4は高機能の為、初めてMT4を利用する時は少し難しく見えるかもしれませんが、要点だけ覚えてしまえば簡単です。

MT4は、大きく分けて5つのフレームに分かれます。主に使う機能のフレームは、「5.チャート表示」「4.ターミナル」の2点だけです。

MT4画面の見方

初期表示のときに取引したい通貨ペアのチャートを複数表示して、売買するときは「1.メニュー」から「新規注文ボタン」をクリックして注文します。

注文したポジションや口座損益や残高を見るには、MT4画面下の4.ターミナルを確認するだけです。

MT4で売買指標を表示する

MT4のチャートには、お好みで売買指標(インジケーター)を簡単に表示することもできます。

「インジケーター」とは、チャートを更に見やすくして売買に役立てるサポートツールです。代表的なインジケーターだと「移動平均線」「MACD」「一目均衡表」などがあります。これらのインジケーターをチャートに表示することで、どの辺で売買するかを参考にすることができるようになります。

MT4には、インストール起動後でも標準で数十種類の様々なインジケーターが含まれています。多くのインジケーターが標準装備されていますが、一般的に利用されている人気のインジケーターは、「Moving Average(移動平均線)」「Bollinger Band(ボリンジャーバンド)」「Envelope(エンベロープ)」「MACD(マックディー)」「RSI(アールエスアイ)」です。

お好みのインジケーターをチャートにドラッグアンドドロップするだけで、チャートにインジケーターを適用させることが可能です。

主なインジケーターの使い方

一般的に利用されている有名なインジケーターの見方や売買への使い方は、下記のリンクからご参考頂けます。

MT4で新規注文する方法

MT4でFX取引(注文や決済)する方法も簡単です。一見、複雑そうな取引ツールに見えますが、注文画面はいたってシンプルです。

まずは売買したい通貨ペアのチャートをクリックして選択し、選択した状態で画面上の「新規注文」ボタンをクリックすると注文画面が表示されます。

MT4新規注文方法

注文画面では、「数量」「注文種別」「売り又は買い」の3つを選んで注文します。

MT4注文画面

数量は、ロット数を入力します。

XMスタンダード口座とXM Zero口座の場合は、1ロット=10万通貨です。XMマイクロ口座は、1ロット=1,000通貨です。

どちらも0.01ロットから注文可能で、1ロット10万通貨の場合は、0.01ロットが1,000通貨になります。

1,000通貨とは、1ドルが100円だった場合、100円×1,000通貨=10万円分の取引ということです。海外FX業者のXMでは、最大レバレッジ888倍なので10万円÷888=113円の資金で10万円を取引できることになります。

注文種別の「成行注文」とは、そのときに表示されている為替レートで即時注文という意味です。

「指値または逆指値注文」は、為替レートを指定して注文(予約注文)する場合に使います。

MT4を使い始めたばかりで慣れていない場合は、しばらくはデモ口座で成行注文を試してみましょう。

MT4で決済注文する方法

MT4で新規注文後に決済する方法も簡単です。1クリック決済機能を利用すれば、その名の通り1クリックですぐに決済することもできます。

1クリック決済機能を使った決済は、MT4画面下のターミナルの「取引」タブから、決済したい取引中のポジションの一番右側にある「バツ印」をクリックするだけです。

MT4ターミナル

その他、分割決済や注文内容を変更する方法は下記のリンクからご覧頂けます。

XM MT4使い方 まとめ目次

XM MT4 パソコン版 使い方まとめ

XM MT4 スマートフォン版 使い方まとめ

シェアする

フォローする